Archive for the ‘サプリメントで妊活サポート’ Category

葉酸を積極的に摂取しましょう

3月 9th, 2015

葉酸は赤ちゃんのDNAを形成するための大事な栄養素です。
胎児が脳や神経系を形成する時期に葉酸が不足していると
脳や神経系に異常や障害が起こるリスクが高まると言われています。
その時期とはだいたい妊娠3か月。
したがって妊娠がわかってから摂取を始めても遅いのです。
赤ちゃんがほしいと思ったら
是非妊娠する前から摂取を始めましょう。

葉酸は水溶性ビタミンなのでなかなか体内に蓄積されません。
しかも熱に弱く、食品の中の葉酸は
調理された時にはほとんど失われてしまうのです。
これでは普段の食事から葉酸を摂取するのは至難のわざです。

そこで利用したいのが葉酸のサプリメントです。
今は様々なタイプの葉酸サプリメントが販売されています。
薬のように水で飲むものや
フルーツ味のついた舐めるタイプのものなど。

自分の好みと飲みやすさで選ぶと良いでしょう。
また、葉酸は胎児の神経系形成期だけでなく
出産後の授乳期にも摂取をおすすめします。

幅広い方におすすめな栄養素としてご紹介したいのが葉酸です。特に健康的な毎日を過ごしたい方や、これから妊娠を希望されている方には葉酸は最適な栄養素になります。妊娠をしたとき、医師に葉酸を摂るに言われた経験がある方もいらっしゃるかもしれません。ただ、実際のところ葉酸ってどのような成分なのか正しく認識されている方は少ないのではないでしょうか。 より効率的に栄養分を摂取するためには、たくさんの野菜を食べなければいけないのかと思われるかもしれませんが、最近では野菜も高くなっていますし、自分で食べれる量にも限界があります。 そんなときにはサプリメントを利用することで、時間やお金をかけることなく手軽に葉酸を摂取することができます。サプリメントを利用すれば、妊娠中のお母さんも体調や食欲に関係なく必要な量の葉酸を摂ることができます。赤ちゃんの健やかな生育にも葉酸は重要になりますので、ぜひサプリメントを取り入れてみてください。 こちらのサイトでは、数多く存在する葉酸サプリメントの中でも、特に成分量、安全性、口コミの評価の高いものをご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。
参考:葉酸サプリメントの口コミランキング

葉酸は血液を作る材料でもあります。
良質な血液を作ることで良い母乳もできるのです。

葉酸サプリメントの使用注意

3月 8th, 2015

母子手帳にも記載され始めた「葉酸」ですが、胎児の奇形率の軽減や神経形成に重要とされます。
又、子宮壁を強化したりと妊娠には不可欠な成分と言われていいます。

多くは妊娠に気づいてから葉酸のサプリメントなどを摂るようになったといいますが、胎児の重要な器官が形成されるのは5~6週と言われており、気づいた時にはすでに遅いと言われています。
そのため、子供が欲しいと思ったら頃から使い始めるのがよく、やはり妊娠は計画的に考えたほうが良さそうです。
又、粘膜の改善効果があるため、子宮内壁が整えられ不妊症改善にも役立つと言います。

一方で過剰摂取は要注意で、1日の摂取量は400ug、1000ugを超えない量とされ、過剰となった場合には、発熱や呼吸困難、蕁麻疹などの症状があらわれると言われます。

妊娠前、妊娠期、出産後の授乳期の女性が努めてとる必要のある葉酸は、大切な栄養成分です。厚生労働省では、妊娠3カ月前から葉酸を摂取する事を推奨しています。また、母子手帳にも栄養補助食品によって、葉酸を摂っている事の記載ができるようになっているほど、必要な栄養素として注目されているのです。 詳しい目安は厚生労働省の「日本人の食事摂取基準(2010年版)」で下記の通りに定められているので参考にしてみましょう。 ・成人240μg/日 ・妊婦480μg/日 ・授乳婦340μg/日 すべての女性は葉酸を、栄養のバランスのとれた食事からの摂ることが必要で、特に妊娠を希望している人はさらに、栄養補助食品から1日400μgの葉酸を摂る必要性があります。これは、妊娠前や、妊娠中に、葉酸やカルシウムなどの、胎児の発達に必要な必要な栄養分を摂るとで、神経管閉塞障害の発症のリスクを少なくすることができるのです。 ただし、1日の葉酸の摂取量は1000μgとなっていますので、これを超えて摂取しないようにすることが必要です。どんな栄養素も摂りすぎてもいいという事ではありません。
参考:葉酸サプリセレクト.com

又、サプリメントは葉酸ばかりに注目せず、他に必要なカルシウムや鉄分などの妊娠出産に必要である他の成分も注意しましょう。
そして、サプリメントは補助食品であり、母体とお腹の中の子供考えた食事という本道を見失わないようにしたいものです。

葉酸が多く含まれる食品と食べ方

3月 5th, 2015

葉酸は水溶性ビタミンで、体内に貯蔵できないので毎日食事から摂取する必要があります。
葉酸は名前の通り緑色が濃い葉野菜に多く含まれています。
モロヘイヤ、ほうれん草などに葉酸が豊富です。葉野菜以外ではブロッコリー、納豆、イチゴなどが豊富に含んでいます。

葉酸は水に溶けやすく熱に弱い性質があるため、調理の過程でほとんどが失われてしまいます。
ほうれん草の場合は、ゆでると40%程度にまで減少します。
加熱調理する場合は素早く終えると葉酸の損失が少ないです。
汁ごと摂れるスープなら、葉酸が溶け込んだ汁も飲んで損失が少ないです。
納豆やイチゴなど加熱せずに食べられるものは、損失がないので葉酸摂取源として最適です。

グリーンスムージーも加熱しないので、葉酸をたくさん摂れます。ほうれん草やモロヘイヤとイチゴのグリーンスムージーなら、葉酸がたっぷり含まれています。

一つのものだけで摂るのではなく、いろいろなものから少しずつ葉酸を摂取するとよいです。

葉酸についてとその効果

3月 1st, 2015

葉酸という言葉は耳にしたことはあるとは思いますが、この成分はビタミンB群の一つと言われています。
1944年にほうれん草の葉から発見されました。

よく言われているのは妊娠中もしくは妊活中には摂っておくと良いと言われている成分で、胎児の先天性奇形の予防や心臓病の予防、母乳の出を良くする効果もあると言われています。

葉酸はほうれん草の他にもブロッコリーやレタス、キャベツ、豆類のも多く含まれています。
ここで注意が必要なのが葉酸はビタミンB6、B12、ビタミンCと相互作用で働きます。
ですので葉酸だけ摂っても他のビタミンがなければ効果はあまり発揮されません。

なので葉酸を摂取する際にはその他のビタミンなどもバランスよく摂取するのが大切になります。
特にB12は野菜にはあまり含まれていませんので、貝類やレバーなどで補うと良いでしょう。
また妊娠中の方以外にも葉酸が不足してしまうと、疲れやすくなったり重度の貧血を起こす可能性が高くなります。
さらに神経管欠損症のリスクも高まりますので、男女問わずしっかり葉酸は補うことが重要です。

葉酸の1日の摂取量は成人で240マイクログラムと言われています。
野菜などで補っても良いですし、近年では葉酸が配合されたサプリメントも多く販売されているのでそういったものをうまく利用するのも良いでしょう。

葉酸の必要性

2月 25th, 2015

葉酸とは、ラテン語からきており『葉』を意味する言葉からきています。その名前の通り植物に多く含まれています。

葉酸を食事から摂取するには、ほうれん草・ブロッコリーなどの緑黄色野菜やレバーがよいと言われていますが、どの食物も水に溶けやすくて熱にも弱いので食事から必要摂取量を摂るのは難しいと言われています。

そこで必要量を摂取するには葉酸のサプリメントを摂取したほうがよいと思われます。
そして、よくこの葉酸といわれるのは、妊娠中によく聞かれると思います。

それは、妊娠すると葉酸不足になるからです。特に妊娠の初期(約4~12週)の間は、胎児の細胞分裂が活発な時期であるので葉酸が不足すると、胎児に影響が出てしまう可能性があると言われているので妊婦の方は葉酸不足にならないように気を付けてほしいと思います。

そして、現代においても心臓病の予防効果があると言われています。それは、血液中のアミノ酸ホモシステインという濃度を下げることで血流をスムーズにさせる働きがあるといわれているので心臓病予防効果の期待もあるので私たちも葉酸をしっかりと摂ることが必要と思います。

心がけたい葉酸の摂取

2月 20th, 2015

 少し前に、ある健康教室で、葉酸に動脈硬化を予防する効果が期待できると教わりました。
 
平均寿命が長い日本人ですが、健康に動き回れる状態で長生きできているというわけではありません。健康寿命を延ばすためにも、葉酸を意識して摂る事が大事だとのことでした。

また、アメリカは国策として、既に1998年から小麦などの穀物に葉酸を添加しているとのこと。同様の取り組みをしている外国も多いそうです。

日常的に多種多様な健康食品が話題となっていますが、葉酸について詳しくきくのは、その時が初めてでした。

それまでは、何となく貧血を予防する栄養素ということぐらいしか知りませんでした。でも、妊娠中の胎児の奇形や、ガンを予防する効果もあるのですね。

祖母と母が動脈硬化症、高血圧症でしたので、私も今から気をつけようと思い、ハウス食品の「葉酸米」を摂るようになりました。

日々、野菜と動物性たんぱく質とのバランスの良い食事を心がけ、元気でいられる時間を長く過ごしたいと願っています。
 

飲むなら天然の葉酸を使ったサプリを

1月 10th, 2015

葉酸は細胞分裂に大きく関係するので、今では厚労省によって母子手帳にも、妊婦は1日に400?gの葉酸を摂取することを推奨すると記載されています。

特に赤ちゃんの脳や神経が作られる妊娠初期に、葉酸が必要なことから、赤ちゃんを欲しいと思う女性は、妊娠前から葉酸を摂取することが望ましいとされています。
妊娠のごく初期は母親も妊娠に気づいていないことが多く、その間に赤ちゃんの大事な脳や神経が作られてしまうからです。

葉酸は野菜や果物、豆類等に含まれているので、普段の食事でも摂れますが、水溶性である上、熱や酸化に弱いのでサプリメントで補う人が殆どです。

しかし、葉酸のサプリメントもさまざまで、大手のメーカーほど合成して作られた葉酸を使っています。葉酸の効き目も天然のものと合成で作られたものとでは吸収率や効果の出方が著しく違いますから、必ず天然の葉酸で作られたサプリメントを購入するようにしましょう。

価格は高くなりますが、効果の他に、母体への影響も考えると、やはり天然の葉酸を飲む方が良いと思われます。

葉酸は妊婦さんだけが摂取していては勿体ない

12月 21st, 2014

葉酸と聞くと妊婦さんが特に意識してとらなくてはいけない栄養素というイメージがあります。
葉酸には生まれてくる赤ちゃんの先天性異常のリスクを抑える効果が期待できるからです。
その為、今では母子手帳でも葉酸を摂取するように書いてありますし、厚生労働省でも妊婦さんは葉酸を摂取するようにと勧めています。
でも、実は葉酸は妊婦さんにだけ効果のある栄養素ではないんです。
葉酸には血液がつくられるのを助ける働きがあったり、細胞がつくられるのを助ける効果、ストレス改善の効果、動脈硬化、そして最近では痴呆症のよぼうにも効果があると言われているのです。
これらの事を聞くと誰でも葉酸を摂取してみたいと考えると思います。
ただ、葉酸はほうれん草などの緑黄色野菜やイチゴなどの果物に多く含まれているのですが、水溶性ビタミンの為加熱調理することでその半分が失われてしまいます。
その為妊婦さんは葉酸をサプリメントなどで摂取することが進められています。
もちろん妊婦さんでなくても葉酸はとても大切な栄養素なのでぜひ摂取してほしいものです。

毎日飲んでいる葉酸サプリ

11月 20th, 2014

今日は三粒飲みました。いつも通りです。
それは葉酸サプリなのです。私は赤ちゃんが欲しいと思っているので、積極的に葉酸サプリを飲んでいます。
葉酸は男女問わず、誰にでも必要な栄養素でもあるのです。
妊娠前から摂っておくと、赤ちゃんの神経障害を防いでもくれるのです。とても嬉しい栄養素でもあるのです。そして葉酸にはいろんな効果もあります。
冷え性を改善してくれたり、ひどい貧血予防にもなるのです。

私は今まで葉酸の事を知りませんでした。葉酸にこんな効果があるとも知らなかったのです。そのことを友人に教わって、毎日葉酸サプリを飲んでいるのです。

毎日たった三粒飲むだけで、とても健康体になれるのです。まだ妊娠はしていませんが、妊娠を期待もしているのです。いつ妊娠してもいいような体をつくっているのです。

飲みやすくて、匂いも味も悪くないので毎日飲む事もできるのです。
まずは何よりも、私の体のために飲んでいるのです。きっと健康的な体になれると思います。